未分類

製造業・工場の仕事で使われる専門用語集


製造業・工場の仕事で使われる専門用語をまとめました。

あ行

IC

集積回路。トランジスタやダイオード等の多くの部品が一個の基板上に結合されている超小型の電子回路。電子機器には必ず使われる。

ISO国際標準化機構

各企業・工場などの設備内容や体制面(仕事の段取り、人の配置方法など)に関して、品質保持(ISO9000シリーズ)、環境保障(ISO14000シリーズ)を行う国際的な認証機関。簡単に言えば、「この工場は良品質の製品を製造できる(または環境に優しい製品を製造できる)設備・体制を整えています」ということを対外的に保障する機関。

アルゴン溶接

アルミを溶接するときに使用する溶接方法。アルゴンは不活性ガスの一種で、アルミが1秒以下で酸化するため、酸化防止のためにアルゴンを使用する。

アーク溶接

金属と金属(溶接棒)を結合させる電気溶接。

安全衛生教育

労働災害・不良品の発生の防止などを目的とした、従業員に対する安全面、衛生面の教育をいう。

鋳物

鉄・青銅・アルミニウム・マグネシウム・鉛などの金属を溶かし鋳物に流し込んで作った製造物。耐火性、耐久性などに優れている。

エッチング

金属表面を腐食させて部分的に模様をつけること。

NC旋盤・MC(マシニング・センター)

それぞれ数値制御(コンピューター管理)された工作機械の一種。予め設計・加工パターンのデータをプログラムし、自動的に加工する。NC旋盤は丸みを持たせた加工に適しており、MCは角張った加工に適している。

LSI

大規模集積回路。複数のICを1チップ化することにより、更なる処理能力の高速化、小型化、低電力化が実現されたハイテク電子回路。

LCD

液晶表示装置(液晶ディスプレイ)。ノート型パソコンで主に使われている。省電力、省スペースなのが特徴。

か行

加速器

高エネルギーの素粒子や原子核を作り出す装置。

金型

同じ形状の物を大量に作るための金属製の型。

期間工(期間作業員)

期間工(きかんこう)とは、自動車工場や電子部品製造工場などで勤務する、期間の定めのある労働契約(有期労働契約にしている企業が多いが無期労働契約にすることも可能になった)を結んで従事する労働者である。雇用主や派遣先企業は期間工とは呼ばず、契約社員、期間従業員、期間契約社員などと呼ぶことが多い。かつては臨時工、季節工などとも呼ばれた。期間の定めのない労働契約(正社員等)で製造現場に勤務する者を、本工、常用工などという。

CAD

コンピューターを使って設計の調整を図ったり、デザインする装置。

QC

Quality Control(クオリティ・コントロール)の略称。品質管理のこと。

強電

電気エネルギーの発生、輸送、利用およびその応用を扱う電気工学部品の通称。

クレーン

重い物を吊り上げて垂直または水平方向に移動させる機械の総称。扱うには資格が要る。

コネクター

コードとコードを接続し易いようにした接続器具。

雇用管理簡素化

本来、企業が行う従業員の勤怠管理・賃金の支払・仕事の指導・行政手続きなどを業者が代行し、その負担を軽減できる。

さ行

社会保険

厚生年金保険、健康保険、雇用保険の総称をいう。

射出成形

金型の中にペレット(粉末状の樹脂)をいれて、圧力と温度をかける製法。鯛焼きのイメージ。プラスチック成形の一種。

シャーリング

シャリングという機械を使って鉄や金属を粗削りすること。

職務給

職務(仕事内容)の相対的価値に応じて決定される賃金をいう。従業員の個人的属性(年齢・学歴など)に関係なく、配置された職務によって賃金が支払われる。

シリコン

化学物質の一種。樹脂状のみでなく、油状、ゴム状など自由な形にすることができ、耐熱性が大きく、電気を絶縁し、また水をよくはじくので応用範囲は広い。

シリコンウエハー

シリコンのかたまりを薄く切り取った板。IC(集積回路)を焼き付けるのに用いる。

シルク印刷

印刷技法の一つ。絹布などに図柄を描き出し、それを通して各種材料に印刷。

CO2溶接

炭酸ガス溶接(黄色メガネを使用する場合がある)

CD-ROM

CDにコンピューターで読み込めるデータを記録したもの。簡単に言うと、CDが音声だけなら、CD-ROMは動画をも記録した装置。

ジグ(治具)

工作機械の刃物に加工物が正しく当たるよう用いられる道具。

た行

縦中グリ盤・横中グリ盤

銃身の中身をくり貫いたり仕上げたりする機械。

玉掛け

クレーンに物を吊るすために、重量物にロープやワイヤーをくくり付けること。扱うには資格が要る。

ダイカスト(ダイキャスト)

鋳造方法の一種。アルミ合金や亜鉛合金などを溶かしたものを金型で圧力をかけ、鋳物を作る製法。寸法が正確で仕上げがほとんど不必要のため、大量生産に適している。

DRAM

記憶保持動作が必要な随時書き込み、読み出しメモリー。

出来高制

一定の出来高(量・質)に対して、賃率が決められる歩合給制をいう。

デバイス

装置、部品のこと。

トランジスタ

ゲルマニウム(希元素のひとつで灰白色のもろい結晶)などの増幅作用を行う半導体素子の総称。小型で消費電力が小さい。

な行

ノギス

副尽つきの金属製物差し。物の暑さ、球や穴の直径を測るのに用いる。0.1mm単位の精度で測れる。

は行

HDD(ハードディスクドライブ)

ハードディスク駆動装置。文字どおり、ハードディスクを動かす装置。

HD(ハードディスク)

FD(フロッピーディスク)が必要に応じて差し替えて使用するのに対し、ハードディスクは固定ディスクとも呼ばれるように、パソコンの本体に内蔵されている。処理能力はフロッピーよりもはるかに高速で、容量も大きい。表面に磁性体を塗った円盤数枚で構成される。(見た目はCDそのもの)

半導体

導体(電気を通す物質)と絶縁体(電気を全く通さない物質)の中間にある物質をいう。電気を片方からは通すが、逆からは通さない性質をもつ。電子機器に必ず使われる。

バリ

金属などを加工したときに出来るエッジ。手を切る恐れがある。

光ファイバー

光を用いて信号、映像などの情報を送るために設計された極めて細い線状のガラス。

ピッキング

商品などを品番(コード表)に沿って選別し、所定の場所に収める作業。品揃え。箱づめ。

フォークリフト

油圧により上下に傾斜できる荷受け用の腕(フォーク)を備えた荷役用の四輪車。扱うには資格が要る。

フライス盤

加工機械の一種。歯車を回転させて加工する。金属やプラスチックを切削するのに使用。縦フライスと横フライスがある。

ブロイラー

小型の食肉用の養鶏。

ブロー成型

プラスチックフィルムを作るときの製法。風船のように膨らませるところに特徴がある。

ま行

メッキ

金銀などの薄い膜を別の金属の表面にかぶせること。見ばえを良くしたり、酸化・腐食などの作用を防ぐために施される。

や行

なし

ら行

労働者災害補償保険(労災保険)

その名のとおり、労災が発生した場合、国が被災労働者に対して、必要な保険給付(医療の提供や金銭など)を補償すること。

労務管理

雇用管理と同義語。従業員の勤怠管理、賃金の支払い、仕事の指導などをいう。

わ行

なし