カメラマンのアルバイト

【本音口コミ】スポーツ写真カメラマンの短期バイト

2014032812431472<img class="ranking-number" src="https://10000000.work/wp-content/themes/jin/img/rank01.png" /> 出典:http://himinavi.jp/realtime/35/

性別とバイトを経験をした時の年齢を教えてください。

男性 20歳

あなたが働いた(経験した)バイトの場所

富山の全国中学生ハンドボール大会会場での、試合中の選手撮影および集合写真のカメラマン

あなたが働いた(経験した)バイトの賃金

スポーツカメラマン:日給5000円+出来高払い

あなたが働いた(経験した)バイトの期間

スポーツ大会の行われる2日間(3月、8月)

あなたが働いた(経験した)バイトの内容を詳しく書いてください

スポーツ写真カメラマンのアルバイトです。
一眼レフカメラの基本的な操作方法を理解していれば、誰でも可能とのことだったので、このスポーツカメラマンのバイトに応募しました。
ハンドボールの試合なので、前後半30分程度の試合で、1日10チーム前後撮影していました。
スポーツのカメラマンなので、被写体が素早く、ちょうどよい瞬間を捉えられるようになるまで、慣れが必要です。
ただし、慣れてきて、撮影ポジションをとってしまえば、ひたすらシャッターを押し続けるだけなので、カメラ好きには楽しいアルバイトです。
また、全国大会であるため、競技自体もハイレベルで、見ていてとても楽しいです。
見とれすぎて、シャッターを押し忘れないように注意が必要です。
撮れた写真はHPに掲載し、保護者の方に販売するので、出場選手は全員撮影する必要があります。
しかし、どうしてもエース級の選手の見せ場が多く、パスまわしに徹する、見せ場の少ない選手もいるため、バランス良く撮影するのが難しいです。
1日に平均で2000枚ほど、多いときは4000枚ほど撮影しました。
試合終了後、負けチームの集合写真を撮影するのですが、負けチームは声をかけずらい雰囲気が出ており、こちらも慣れが必要です。
食事時間は15分~30分ほどで、大会関係者へ配布される弁当とお茶をいただきました。
自分の撮影した写真が、A2サイズなどの大きなサイズでの注文大量注文が入ると、手当が支給されます。
また、撮影終了後は、撮った写真をもとに、撮影技術の指導があるのも、ありがたいです。
カメラマンを目指す人やカメラで撮影するのが趣味な人にもおすすめの短期バイトです。
ただしスポーツ大会のカメラマンという特殊な募集なので、色々と調べて探す必要があるかもしれません。