ペンションのバイト

【本音口コミ】ペンションに住み込み!リゾートバイト経験談

565bdb35cc11f83a1468eade0d5d4034_s

性別とバイトを経験をした時の年齢を教えてください。

女性 10代

あなたが働いた(経験した)バイトの場所

山梨県富士河口湖町のペンション

あなたが働いた(経験した)バイトの賃金

時給800円 2ヶ月で30万円弱

あなたが働いた(経験した)バイトの期間

7月~8月の夏休み期間

あなたが働いた(経験した)バイトの内容を詳しく書いてください

ペンションの朝は早い。
だいたい5時には起床する。
そしてお客様への朝食提供が朝一番の仕事だ。
起きて食事用のラウンジに来たお客様に次々と朝食を運ぶ。
このときに厨房の雑務も同時にこなしている。
後述する夕食と違うところは、朝は食事時間の幅が大きく提供する料理も簡単なものの為、朝早いことを除けば比較的楽な時間帯である。
全てのお客様への朝食の提供が終わると、厨房にてその後片付け。
一人前の食事に対して使う食器の数は、ごくありふれた家庭から来た私にはずいぶんた多いように感じられて、シンクで洗うその数は度肝を抜かれるものがあった。
その後買い出しチーム休憩チームに分かれる。
ペンションが繁盛して来るとバイトとシェアになる部屋だが、この時間帯に友達になることが多い。
若しくは持ち込んだ家庭用ゲーム機をひたすらやる、そんな時間だ。
午後になるとベッドメイキングが始まる。
廊下にひとつ、使用済みのシーツを広げてそこに剥がしたリネン類を放り込む。
中には活字に出来ないようなシミもある。
ここは夏のペンションであるから、至極当たり前のことなのだけれど、高校生という子供ながらに見たそのシミには驚きを隠せなかった。
続いて客室の中をだいたい二人一組で掃除する。
冷蔵庫の忘れ物があったり、ゴミ箱に使用済みの致したあとがあったりとこれも驚愕であった。
お風呂掃除は当番制。
一通り客室の整備が終わるともう夕方近くになっていて、夕食の準備を始める。
夕食はもちろんディナータイムになっていて、火の元は戦場のようだった。
加えて蒸し暑い。
よーいどん、で客席に着くお客様へと順に料理を提供して行く。
それが終われば朝と同じようにカトラリーの片付けだ。
そうこうしているうちに午後10時
自慢の温泉風呂に従業員タイムがあって、一人ないし二人ぐらいで風呂に入る。
住み込みだから部屋に戻ってそのまま寝る。
こんな一日を繰り返すのだ。