お役立ち情報

最も簡単な貯金を知りたい?その方法とは

お金を貯めたいのに全然貯まらない、いろいろな方法を試してみたけれども効果はいま一つ。そんな人たちの苦悩をまとめると次の感じだと思います。

いろいろ言われている節約方法は手間がかかって続かない。

周囲と比べてもそれなりの収入はあるのに、給料日前には手元にお金が残らない。
無駄遣いはしていないつもりだけど、どこに金が使われているのかわからない。
そんなこんなでお金が貯まらない家計をなんとかする方法はないかなぁ。

と、今までの苦労を顧みてあきらめかけている人もいるでしょう。ですが、貯金は少しの工夫でできます。お金を貯めるコツは意外に簡単なことなのです。早速、お金が貯まる方法を見ていきましょう。

・お金の使い道を吟味しましょう

収入が支出を上回れば、お金が残りますから貯金ができます。つまり収入を増やして支出を減らせばよいわけです。難しいのは、収入の増加が望めないことです。ですから、支出を減らすことが大事になるわけです。

しかし、何でもかんでも削っていけばよい訳ではありません。それでは、日々の生活が窮屈になり、節約する気力を失ってしまいます。節約にはメリハリが必要なのです。
そのためには、家計簿を付け、どこにお金を使っているか?を明らかにします。支出は細かく分ける必要はありません。負担にならないよう大雑把でかまいません。これでいつ頃にどんなことにお金を使っているかがわかります。

出費の多い項目が生命保険・自動車保険やローンなら、ファイナンシャルプランナーの人に相談しましょう。食費や遊行費が多い場合は、その支出が本当に必要なものか振り返ってみましょう。惰性で購入している雑誌とか、お付き合いで参加している飲み会などは、バッサリ切りましょう。

出費の理由を明らかにすることが、節約の第一歩です。

・お金を貯めるためにお金に働いてもらいましょう

毎日、節約!節約!では心が疲れてしまいます。そこでお金を使ってお金を貯める方法を見ていきたいと思います。

〇ポイントのつくカードの有効利用

ポイントカードは、各お店が発行してその店だけで遊行なものと、クレジットカードのようにどこで使ってもポイントが貯まるものがあります。ポイントを効率よく貯めるためカードは一つに絞りましょう。

そして、普段の買い物だけでなく公共料金の支払いやスマホの通信費の支払いを集めます。こうしてポイントを集めて現金やAmazonのギフト兼に交換すれば、他の買い物に使えます。

〇NISAなどの非課税枠を利用して運用する

貯金しても金利は僅かですし、その僅かな金利にも20%もの税金がかかります。これでは、銀行に置いておくだけでは(減りはしませんが)増えることは期待できません。それならば、多少のリスクをとってNISAなどで運用してみてはいかがでしょう。NISAでは運用で得られた利益に税金がかかりません。

・まとめ

入るを量りて出ずるを為す(いるをはかりていずるをなす)・・・・・。事前に収入の予定を見積り、資金繰りのメドを立ててから、支出の計画を立てるようにすれば、出雪を抑えることができます。これは貯金にも当てはまります。家計簿などで記録を付け、支出を分析することで、無理なく削れる項目を見つけましょう。

そして、支出を減らしたなら、集まったお金を貯めると共に、お金にも働いてもらえば、さらにお金を増やすことができるでしょう。節約から始まって、お金が貯まる流れを作って、それを続ければ貯金は簡単に増えていきます。善は急げ!早速始めてみましょう。