貯金・貯蓄

年代別の貯金平均額は?各年代1000万円貯蓄できている割合は何%?

なかなか収入が増えない中、毎日節約して将来に備えて貯金をしている訳ですが、周囲の人がどれくらい貯蓄しているのか気になりますよね。

自分と同じ年代の人の貯蓄額はもちろんですが、これから年をとっていった場合の貯蓄の目安として他の年代の人たちの貯蓄額も気になります。

実は、そんな疑問に応えるため(かどうかわ分かりませんが)、総務省が調査をしていました。早速その結果から年代別の貯蓄額を見ていきましょう。

・年代別の貯蓄額を見てみましょう

総務省の総務省統計局は、家計調査をして報告書をホームページで閲覧できるようにしています。ここでは、家計調査報告(貯蓄・負債編)平成29年(2017年)平均結果(二人以上の世帯)の値を紹介します。

70代以上:平均貯蓄額2,385万円(うち負債121万円)
60代:平均貯蓄額2,382万円(うち負債205万円)
50代:平均貯蓄額1,699万円(うち負債617万円)
40代:平均貯蓄額1,074万円(うち負債1,055万円)
30代以下:平均貯蓄額602万円(うち負債1,123万円)

正味の貯蓄は、平均貯蓄額から負債を引いた額になると思います。住宅ローンや幼稚園に通い始めてお金がかかるけど子供が小さいので共働きはできない。そんな背景からか、30代以下では、負債が貯蓄を上回っています。

家計が苦しい時期は40代も続くようです。そして住宅ローンが終わり、子供も社会人となって手が離れるころの50代から貯蓄が負債を上回り始めます。

そして退職金をもらった60代以上は貯蓄額が増えています。少々穿った見方をすると年功序列や高い銀行金利による財産形成など恵まれていた環境が60代以上の貯蓄を支えているようにも思えます。

・1000万円以上貯めた世帯はどれくらい?

貯蓄額1000万円は一つの目標です。目指している人は大勢いると思います。どれくらいの世帯(人)がこの1000万円越えを達成しているのか、先の統計資料から見ていきます。

注目するのは、貯蓄現在高階級別世帯分布の勤労者世帯のグラフです。平均値は1327万円ですが、中央値は792万円です。グラフから1000万円以上の貯蓄がある世帯は40.5%でした。

また、世帯主が60歳以上の高齢者世帯は全体の53%を占め、高齢者世帯の貯蓄額の平均は2384万円、中央値も1639万円です。やはり、リタイヤ組の方がリッチということでしょう。

ちなみにグラフの右端の4000万円以上の6.7%の世帯ですが、計算するとこの階層の代表値は6179万円となります。やはりお金はお金を好むのですね。

・まとめ

現役時代は苦しかった、と自分の親から聞かされていましたが、統計結果でもそのことが裏付けられました。そして、多くの人がローンを抱えながらも貯蓄に励んでいる姿も浮かび上がりました。

30代、40代の若い頃はたいへんでしょうが、これを乗り切れば人生でお金が貯まる時期と言われている50代がやってきます。ここを逃さないように貯蓄を進めていきたいですね。